蜂の子サプリメントに使われている素材にも注目

蜂の子のサプリメントに使われている蜂はどんなのがいいか知っていますか?

 

蜂の子のサプリメントに使われる蜂は雄がいいとか、雌がいいとかいろんな見解がありますが、一般的に最も推奨されているのは雄の生後20日前後の蜂です。

 

雄の蜂の子は生まれてからだんだんとその体のなかに蓄えられる栄養価が上昇していきますが、途中でそのピークを迎えて、その後はだんだんと低下していきます。

 

そのピークが20日前後と言われているんですね。

 

質の高いアミノ酸が蜂の子に充実しているとき収穫された蜂の子がサプリメントに活用する際にはもっとも適しているとされています。

 

雌の蜂の子に関しては、この雄のピークを迎えている栄養価にはやはり劣ってしまいます。

 

もし、これから蜂の子を何か考えているのであれば、雄の生後20日前後の蜂がもっともおすすめできますね。

 

ただ、少し注意して欲しいのは蜂の子のサプリメントを考えている方は、耳鳴り改善などの何かしらの効果を期待して購入していると思うのですが、蜂の子といってもあくまでも健康食品なので、できる事は栄養補給のみです。

 

実感するには短期間では難しいので、長期的に取り組むのをおすすめします。

参考:http://www.uavsaustralia.com/

蜂の子をサプリメントは吸収率のチェックも

一般的にサプリメントっていうのは、成分の配合量などがよく注目されるところですね。

 

選ぶ時にも、どの成分がどれだけ配合されているか?他と比べてどれだけ多いか?というのが選ぶ際の基準になることが多いと思います。

 

 

ですが、これっていうのはちょっと微妙な部分もあるのではないかと思うわけです。

 

というのも、問題はどれだけの栄養が体に吸収されるかであって、その目安として配合量が見られていると思うんですね。

 

蜂の子サプリメントを選ぶ時にも、この話は重要で、作り方によっては体にどれだけの栄養を吸収させることができるのか?

 

このポイントを外さずに選びたいものですね。

 

 

参考:「健康食品」の安全性・有効性情報〔独立行政法人 国立健康・栄養研究所〕

蜂の子のサプリメントがこれからの社会で

高齢化がどんどん進行している日本ですが、そのスピードは今さらに加速していると言われています。

 

そして、同時に加齢によって体調を崩してしまう人もどんどんと増えているようですが、そんな人は一度蜂の子を試してみはいかがと思います。

 

蜂の子は、古くから中国で食べられ始めたものだと言われていますが、現代においてもいまだに健康のため食べられています。

 

歴史的に証明された健康作用、そういっても良いと思うんですね。

 

 

一般的に蜂の子は耳鳴り対策に良い、という話がありますが、蜂の子に豊富に含まれているスコアの高いアミノ酸を考えると、耳鳴り以外にも、普通に健康増進のために効果があると言えると思います。

 

今はサプリメントという形で摂る人が多いようですが、今後はもしかしたら蜂の子のサプリメントを飲むのが普通になる時代がくるかも?と密に思っているぐらいです。